マイクロダイエットをアマゾンで購入

マイクロダイエットについて

ダイエットで大切なのは、栄養バランスを確保することです。
マイクロダイエットとは、人体に必須な栄養素をしっかり取り入れていれば、少ないエネルギーでも問題なく痩せられるという考えです。
現在では、同理論に基づいて誕生したダイエット商品のことを指しています。
イギリスで誕生したあと、口コミによって評判が高まりました。
販売から1年ほどでダイエット食品の1位の座に上りつめたのです。

 

近年では、さまざまな国で販売されています。
日本にもマイクロダイエットが輸入されており、テレビを中心にして一気に普及しました。
日本人向けに改良した商品は、サニーヘルス株式会社が販売しています。
日本のユーザーだけで300万人ほどいるとされます。

 

 

 

海外のマイクロダイエットと比べると、内容成分が異なっています。
これは、日本人と欧米人と体の違いからきています。
日本のマイクロダイエットは、日本人の体質と健康を元に商品が作られています。

 

■マイクロダイエットの種類
ドリンクタイプ、スープタイプ、リゾットタイプ、パスタタイプ、シリアルタイプなどがあります。

 

■マイクロダイエットの使いかた
1日3食のうち、最高2食までをマイクロダイエットに置き換えて使います。
1食あたりのカロリーが減ることで、無理なくダイエットできるのです。

 

■利用制限
女性(妊娠中・授乳中)、17歳以下、70歳以上の人は服用してはいけません。
詳細については、説明書に記載されています。

 

ダイエット(diet)

(1)体重調節のための規定食。やせる食事法。低カロリー食。
(2)(~する)減量。

 

ゾーンダイエット(zone diet)
食事における炭水化物・たんぱく質・脂質のカロリーの比率を4:3:3にする食餌療法。

 

 

骨盤矯正ダイエット(pelvis reformation diet)
骨盤の歪みは、横座り、脚組み、ショルダーバッグなど、日常生活での偏った姿勢や悪い癖の習慣化によって生じることが多い。
こうした骨盤の歪み対策として、骨盤を軸に左右均等の運動を行えば、固くなった筋肉をほぐし、歪みを矯正することができるという。
このような骨盤矯正の運動を毎日30分程度続ければ、それがダイエットにもつながり、まさに一石二鳥の運動である。

 

 

超低カロリーダイエット(VLCD)(Very Low Calorie Diet)
専門家が減量効果を認める食事療法。
1日の摂取カロリーを通常の約3分の1の500~600kcal(キロカロリー)に抑える。
たんぱく質は体重1kg当たり1~1.5gの摂取を維持し、代わりに糖質、脂質の摂取を減らす。
1カ月で5~8kgの減量が可能だが、立ちくらみや耐寒性の低下、脱毛などの副作用が報告され、水分の大量摂取が重要だ。
VLCDには医療スタッフの指導が必要。妊娠・授乳期などの女性はVLCDをしてはいけない。

 

[株式会社自由国民社 現代用語の基礎知識2012]

ダイエット食品

療養食,医療食,食餌療法食などとも呼ばれ,制度的には特殊栄養食品のうちの特別用途食品に相当する。
低カロリー食,糖尿病食,低ナトリウム食,脱繊維食,高繊維食などがある。

 

低カロリー食はおもに肥満症の治療や予防用で糖質,脂肪を少くしたもの,糖尿病食は蛋白質,
脂肪,糖質を総合的に調整するが,特に糖を人工甘味料などで置き換えたものが多い。

 

低ナトリウム食は食塩を減らしたもので高血圧症,心臓病,腎臓病に対する医療食である。

 

 

リバウンド(rebound)

ダイエットによる減量に成功したあと、再び元の体重に戻ってしまうこと。
カロリー制限によるダイエットを1、2カ月続けると、体のほうが少ないエネルギーで生活できるよう、
基礎代謝を低下させる(適応現象)。
このまま以前の食生活に戻ると、エネルギーが余るようになる。

 

コエンザイムQ10(CoQ10)

細胞のミトコンドリアという小器官に存在するビタミン様の物質。
別名ユビキノン。細胞内でのエネルギー生産に密接に関わる。

 

コエンザイムは補酵素の意味。
すべての生体の細胞にあるが、とりわけ心臓、肝臓、腎臓、膵臓の細胞に豊富に含まれる。
1957年に発見され、医薬品として心臓病治療に使われてきた。
日本では2002年に食品としての提供が可能になり、抗酸化サプリメントとして注目される。
しわの改善など一部のデータはあるが、ヒトでのデータは乏しいといわれる。

 

[株式会社自由国民社 現代用語の基礎知識2012]

 

 

マイクロダイエットでこんなにやせちゃいました♪